お手入れ

お手入れ

月日が経つにつれ味が出てくる。風情が増していく。良くなっていくのが庭です。
それには「お手入れ」が必要です。

庭作りをするように手入れする

多くの庭に、年に一度のお手入れにお伺いさせていただいておりますが、一年間で伸びた分の枝を切り詰めるだけがお手入れの目的ではありません。
庭を眺め、必要に応じて緑の濃さや植木の高さを計画的にコントロールしながら。庭作りをするように10年後20年後その先の景色をイメージしてお手入れします。
木は生きているので急に切り詰めると焦り反発し翌年までに枝が急激に伸び暴れ樹形が著しく乱れます。一度そうなってしまうと直すのに何年もかかってしまいます。
目先のことに囚われ過ぎず、数年先を想像しながら計画的に鋏を入れます。

伐採

伐採もいたします。
手がまわらずいつの間にか大きくなり過ぎてしまった木。
台風が来れば倒れてしまいそうな危険木。
造園工事に伴う既存木の整理。
やむを得ずの庭の解体。
高所作業車が入らない。伐採木の脇に建物がある。様々な条件に応じて専用の道具を使い安全第一で作業いたします。

京透かし

京都で8年間修行しました。
京都の剪定といっても「御所透かし」「町屋透かし」「寺透かし」の3通りがあります。
その違いは敷地の広さ・植木の大きさ・眺める人の目線の位置に応じて挟み方を変えていることでしょうか。
御所の敷地は広大です。眺める人の目線は遠いです。植木の本数が多くそのどれもが大きく古いのであまり伸びませんからそこまでしっかり鋏を入れません。概ね濃いめに仕上げています。
町屋(個人様邸)の敷地は広さが限られていますので植木の高さは低く、薄く。目線も近いので丁寧に、細かい部分まで気持ちの行き届いた剪定をします。
お寺はどうなのでしょう。禅宗寺院の多い京都ですが禅寺の庭といえば必要最低限の植木と石で構成されています。植木の枝数もまた然りです。照り屋根の建築にはクッキリした線の刈り込みも似合います。
京都を囲む山々。五山の送り火を庭木の向こうに望み眺めたいというニーズも強いので、庭木の高さを低くすることもよくします。
どこから眺めるか。何を見せ、何を隠すか。濃いのか薄いのか。カタイのか柔らかいのか。
場所・ニーズに合わせ、気を配り剪定するのが「京透かし」なのだと理解し今でも参考にさせていただいています。

江戸透かし

「江戸透かし」。明確な手法があるのかは知りませんが、京都に比べ江戸(東京)の方は細かく鋏を入れる傾向があります。
細かく鋏を入れることで枝数が増え、伸びるエネルギーが分散されます。したがって一年間で伸びる長さは京透かしに比べ大人しいです。
ただ雑木類の剪定はこの限りではなく。太枝を大胆に取り除き大人しい枝と更新させるなど、その感覚は東京の方に軍配が上がるのではないでしょうか。
造園あら井では京都と東京のそれぞれの良い部分に学びハイブリッドな剪定手法を目指しお手入れしています。

お手入れの事例はinstagram・ブログでもご覧いただけます。