庭と自然

なぜ自然は美しいのだろう。

人はなぜ「自然」の営みに感動し、それらの造形を美しいと思うのでしょうか。
そのメカニズムはいまだによく分かっていないようです。
確かなことは人もまた自然の営みの一部であるということ。
どんなに文明が発達しても身の周りに木や花を植え、自然を感じながら生活したいと望むのは自然なことなのかもしれません。

自然を取り込む

「自然」を生活の中に取り込む。味わう。
その手段の一つに「庭」があります。
春夏秋冬。
私たちの暮らす日本には明確な四季があります。
庭の中で移ろいゆく四季折々の景色。花、鳥、風、月・・・。
自然を感じながら暮らす。
なんて贅沢で、豊かなことでしょう。

庭は自然ではない。

「自然」を空間に表現したものが庭ですが、庭は決して「自然」ではありません。
本当の自然というのはただただ美しいものでも人にやさしいものでもありません。時に厳しく、残酷で無慈悲なものです。
庭は、自然のやさしい一面を人の都合に合わせて解釈し再構成したものと考えます。
リアルな、原寸大の自然を再現しただけの空間は庭とは言えません。
そういった空間は維持管理が困難なものです。じきに植物と気象に飲み込まれ手に負えなくなってしまうことでしょう。

では人にできることは。庭にできることは何か。庭はどうあるべきか。
自然と人の関係を真摯に見つめ、日々庭づくりをしています。